舌側矯正.info HOME > メリット

メリット

舌側矯正のメリットって?

審美性

舌側矯正の最大のメリットとしては「審美性」が挙げられます。今までの矯正治療では、歯の表側に矯正装置を装着していたためワイヤーが目立ってしまい、見栄えがよくないという点がありました。舌側矯正はその問題点を解消していますので、職業柄審美性に制約のある方などにもおすすめできる治療法です。

安全性

舌側矯正は歯の裏側に矯正装置を装着するため、外から強い衝撃を受けたり何かにぶつかったりしたときに怪我をする可能性が低く、今までの方法よりも安全であると言えます。そのため、スポーツ選手など激しく身体を動かす職業の方にでも安心して治療を受けていただけます。

むし歯になりにくい

見えてしまう矯正治療と比較すると、舌側矯正はむし歯になりにくい傾向にあります。歯の裏側の歯ぐきの部分には唾液の出る穴が集中しており、舌の動きとともに矯正装置に付いた汚れを洗浄する働きがあるのです。だからといって普段のブラッシング(歯みがき)に気を遣わなくてもいいわけではないので、普段通り丁寧にみがきましょう。

歯の痛みを軽減

矯正治療で歯を動かすと、歯に軽い痛みが数日間生じることがあると言われています。歯の痛みは個人差によるところが大きいのですが、歯の裏側での治療は表側の治療と比較すると痛みを感じにくい傾向があります。

その他、奥歯が前に動きにくいため、出っ歯の治療に効果的である、といったメリットもあります。

舌側矯正のデメリット

舌側矯正のデメリットとしては、歯の裏側に矯正装置を装着することで違和感を覚える、発音しづらくなる、ということが挙げられます。また、歯の表側に処置する矯正治療と比べて費用が割高になることも挙げられます(歯の裏側の治療は高度な技術を要します。また、装置は複雑であり、患者様一人ひとりに合わせた装置を作るためには費用がかかるのです)。

このようなデメリットは確かにありますが、ゆめりあ矯正歯科クリニックでは、それらを克服する取り組みを行っています。例えば、最新の小さな矯正装置を使用していますので、違和感・発音の問題は軽減されます。英会話の先生、演劇家、航空会社にお勤めの方なども治療を受けています。

ゆめりあ矯正歯科クリニックでの治療

通常より短期間での治療が可能です

舌側矯正は、見えてしまう矯正と比較して時間がかかるとされてきました。当クリニックでは、見えてしまう矯正と変わらない期間で、または通常の舌側矯正より短い期間での治療をご提供しています。

その理由には、当院長が日本矯正歯科学会指導医(※)であり、多数の矯正治療の実績によって治療の効率化を実現していることが挙げられます。また、「インプラント矯正」を利用するなど、既定の治療法に工夫を施すなどの効率化も図っています。さらに、希望される患者様には「短期間矯正治療法(スーパーエクスプレス法)」を行っていますので、より短期間での治療が可能なのです。

※日本矯正歯科学会指導医は認定医を育成する立場にある矯正専門医です。

非抜歯での矯正も行っています

当クリニックでは、抜歯しない矯正治療も行っています。あご(歯が植わっている土台であるアーチ状の骨。歯槽骨とも言う)を広げていくことで歯の生えるスペースを確保して治療します。もちろん、あごを広げても顔が変形することはありません。親知らずも基本的には抜歯しません(極力抜歯をしないように治療を進めますが、症状によっては抜歯することもあります)。

これらの治療法も、当院長が日本矯正歯科学会指導医だからこそ可能となっています。多数の矯正治療を行ってきたからこそ実現する治療法なのです。